Press "Enter" to skip to content

ecサイト運営は!記憶に残る運営方法で!その理由と方法とは?

ユーザーの多くは、ショップ名を覚えていない

現在は、IT技術が発展する中で、多くの方がecサイトを利用していますよね。実店舗で買物をする場合は、実店舗を目標にして足を運ぶ事がほとんどです。そのため、足を運ぶための時間帯が生じる事で記憶に残りやすくなりますよね。ただし、ecサイトにおいては、商品を目標にして訪れる事がほとんどであり、ecサイトの名前を留めておく時間帯が短くなってしまうのです。そのため、ecサイトにおけるショップ名を覚えていないユーザーが増える事になりますよ。もちろん、名前を覚えていないユーザーは、リピーターとして定着してもらえない可能性が高まってしまうのです。

発送の際は、付加価値を付け加える

ecサイトを運営する場合は、商品を発送する事になりますよね。何かしらの付加価値を情報として手元に残してもらう方法がありますよ。例えば、アパレル関係であれば、服装の着こなし方などの紙を付け加える事も出来ますよね。ショップ名も記載しておけば、名前を手元に残してもらう事も可能です。オシャレな名刺を入れておけば、他の人にも名刺を渡してくれるかもしれません。付加価値と言う言葉は、価値のある姿です。ecサイト運営者だけに価値がある姿では無く、ユーザーの目線で考えて、ユーザーにとって価値のある付加価値を考える事も大切です。

ecサイトでの本文を一工夫

ecサイトに限らず、ビジネスで利用するサイトの中には、弊社や当社と言う言葉が扱われている事もありますよね。もちろん、弊社や当社と言う会社名では無いため、会社名を覚えてもらう機会を損ねてしまう事に繋がってしまいます。そのため、ecサイトでの本文に対して、一工夫を行い、頻繁にショップ名が現れる言葉の使い方もテクニックの一つですよ。例えば、商品を紹介する場合は、ショップ名が扱っている商品は、とショップ名を付け加える事が出来ますよね。このテクニックは、ecサイトを強く強調できるメリットと、誰が販売をしている商品かを強く意識させる事で信頼を高める効果を期待する事も可能です。

ecサイト構築するには、まず何を売るかの見極めが重要です、次に売る場所・広告、決済方法、ショッピングカート、ホームページの順番です。順番を考えて最後にサーバーを借りホームページを置く事になります。