Press "Enter" to skip to content

ビットコインで今後大事になってくることとは

何処で使うことができるのか

ビットコインというのが一時期話題になったことがあります。今でもかなり流通するようにはなったのですが一時期ほどの勢いはなくなっているといってもよいでしょう。それでも今でも期待されていることではあります。まず、グローバルに動かすことができる仮想通貨であるわけですから、そこそこ需要があるのは確かなのです。問題は何処で使うことができるのか、ということになります。いざ決済手段として使えないのであれば意味がないからです。

買い物に使うことについて

ビットコインを受け取ってくれる企業が増えることが普及する最大の条件になるといえるでしょう。ベストなのは国家が納税に使えるようにすると最高ではあるのですが、そんなに通貨発行権を否定するようなことはしないでしょうから、せめて企業のサービス、物品の対価としてビットコインが使えるようになるのが大事になってきます。要するに買い物に使うことができるようになるのかどうか、というのがこれからの課題になるわけです。

投機性があまり注目されないようにする

ビットコインが人気になった理由、つまりは注目されたのは投機性があるからです。投機性が高くなってきたからこそ、多くの人が更に集ってきた、ということがあります。これは最初の段階ではよいのですが、今後、しっかりと安定的に普及するためには投機性はあまり高くないほうがよいでしょう。但し、無くすことは不可能です。国家の発行している通貨であろうと投機性はあるのです。市場が生まれればそうなりますからある程度は仕方ないことといえます。

インターネットの中でお金の様に商品を購入する事が出来るネットマネーがあります。その中でもビットコインは利用している人が多く安心して使用出来ると評判です。