Press "Enter" to skip to content

時代の流れからくるネットでの誹謗中傷について

何でもネット社会な今

今の時代はスマホやパソコンなどでどこでも何でもできる時代になりました。家で画面を見るのはもちろん個人の自由ですが、外に居て歩いている時などに周りを気にせずに歩きながらスマホをいじっていたりと社会問題になるほど皆画面に夢中です。そんな時代の今では、人と人とのつながりが明らかに少なくなってきています。そのせいなのか、相手を思いやる気持ちが薄れてしまったのか、顔も知らない相手から誹謗中傷を受けた事がある人、また誹謗中傷をしたことのある人がとても多い時代です。

どういった場所で行われているのか

ではその誹謗中傷というのはどういう場で行われているのかというと、今多くの人がやっているSNSという通信サービスによって行われています。これをやっている人はとても多く、設定の仕方によっては全く知らない人にも自分の様子が見られてしまう可能性があるのです。そういう人の場合はいつでも誰でもみることができてしまうので、知らない人から連絡が来たりある事ない事調べられて言われてしまうこともあります。そういうのが嫌な人はSNSをやらなかったり特定の相手しか見れないようにしたりしています。

SNSの方向性について

ですが芸能人だったり、自分の存在を多くの人に知ってもらいたい、それを仕事にしたいというような人はそういうわけにはいきません。SNSがあるからこそ知ってもらえたという出会い方も沢山あります。なのでそういう便利な使い方をする事もできるので辞められないという人とても多いです。SNSがあるからこそ繋がっていられる関係というのは今の時代の流れなのでしょう。この先これがどういう方向にいくのかが楽しみでもあり怖くもあるでしょう。

検索エンジンにあがらないようにすることを逆SEO対策といい、あるキーワードで該当ページよりも上位表示される別のワードを作る、などの方法があります。