Press "Enter" to skip to content

簡単!オシャレなページを素人が作る方法!

自分で作るとこんなに難しい

レイアウトというものは、なにげなく作られているようで、厳密な理論というものがあります。ヘッダーと本文のジャンプ率や、一行のベースラインの比率など、繊細な仕事は厳密な数値計算に基づいて行われていることがほとんどです。プロの仕事と素人の仕事を見比べたとき「理由はわからないけど、完成度が違う」と圧倒されてしまうのは、そういう目に見えない細部の計算があるかないかによることがほとんどなので、素人が自分でやろうとすると非常に難しいことになります。

プロの仕事を借りるのが無難

しかし心配する必要はありません。昨今はブログサービスのCMSが全盛期で、それらのほとんどに「テンプレート」と呼ばれる使い回しが許されたページの雛形が提供されています。中にはフリーのものもあるので、それらを借りることで、プロのレイアウトをそのまま取り入れることができてしまいます。使う際には、ライセンスに気をつける必要はありますが、多くは「原作者のクレジットなどを残しておく」ぐらいのことで問題ないケースがほとんどです。

余力があればレスポンシブに

昨今のアクセスはPCだけではなくなってきました。多くのウェブサイトが既に「アクセスの半分以上がスマートフォンである」という統計結果を出しています。なので、出来ることならテンプレートは「レスポンシブ対応」とされているものを利用したほうが良いです。レスポンシブというのは、アクセスした端末の解像度に応じてページのレイアウトが、それに適したものに自動的に変わるレイアウトの事を指します。レスポンシブ対応なら、一つのページでPCにもスマホにも対応できることになります。

ホームページ制作とはホームページを作ることです。ホームページを作るためには専用のソフトを使うのが効率的です。